絵合わせカードは何歳から?2歳児が使ってみた口コミ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おもちゃ

今回は我が家が知育玩具として購入した絵合わせカードについてまとめてみました。
知育玩具は色々と売られていますが、実際何を買えばいいのか悩みますよね。
我が家もそうでした。
今回は楽しみながらたくさんの言葉を知ってほしいと思ったのと、コスパも良く長く遊べそうと思った絵合わせカードを購入しました。

これはこんな人に読んでほしい記事です。

・知育に役立つおもちゃがほしい
・月齢や性別問わずに遊べるものがほしい
・出来るだけ安く済ませたい
・たくさんの言葉を覚えてほしい

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

そもそも絵合わせカードってどんなおもちゃ?

絵合わせカードとは色々な絵が書いてあるカードを組み合わせたりして遊ぶ玩具です。
遊び方としてはこんなふうに動物のイラストが真っ二つになってい入っているので、どのカードとどのカードを合わせればイラストが完成するかという絵合わせ遊びがメインの遊び方です。

数種類あった絵合わせカードの中から今回選んだのが、
ギンポーから販売されている【どうぶつカード】です。

理由は動物のイラストって子供たちにとって馴染みやすいしとても覚えやすいと思ったからです。
他にも食べもののイラストやトミカのカードもあったので、その子の興味関心から選んでみても喜びますね♪

 

我が家が購入した【どうぶつカード】は絵合わせ以外にも遊び方が3種類もあるんです!
遊び方を簡単に紹介します。

どうぶつカードゲーム

カードの裏にはその動物の特徴が書かれています。
カードを右側と左側の2つに分けて、右側のカード束をママ・パパがもち動物の特徴を読み上げ、どのどうぶつのカードか当てるゲームです。

どうぶつあてっこゲーム

動物の特徴が書いてある面が見えるように並べて特徴からペアのカードを探します。特徴から動物の名前を当てます。

お星さまゲーム

カードの角に星のマークがついています。
カードによって星の数が違います。
配られたカードを同時に出し星が多い方が勝ちでカードをもらえます。
最後にカードが多い人の勝ちというゲームです。

いかがでしょうか?
絵合わせができるようになったら他の遊び方で長く使えるのが嬉しいです。
勝負形式のゲームもあるので、絵合わせでは簡単すぎる年齢の子にも楽しめると思いますよ。

実際に遊んでみた口コミ

どうぶつカードで遊んでみた口コミです。
良かったところとイマイチなところをまとめてみました。

・言葉がたくさん覚えられる
・親子で一緒に遊べる
・遊び方がたくさんあるので飽きずに長く遊べる
・どうぶつの特徴も覚えられる
・枚数が多いので無くしやすい
・子供の月齢によってはママとパパが教えてあげないと難しい

知育玩具としては遊びながらたくさんの動物の名前や特徴が覚えられるのでとても良いと思いました。
せっかく買うならコスパも大切ですよね。
【どうぶつカード】は500円前後で購入できるし、遊び方も4種類あるのでコスパは良いと思います。
就学前の幼児はもちろん、小学校低学年くらいまでは対戦式のゲームで遊べます。

しっかりとしたカードですが紙なので扱い方によっては折れてしまいます。そしてカードが全部で56枚もあるので遊んでいる間に無くしやすいかなと思いました。
我が家もいつも床にカードが散らばっています(笑)
まだ絵合わせをするくらいの月齢だと枚数が多すぎるので半分ずつ使うのもアリですね!

どうぶつカードの口コミまとめ

我が家の息子は2歳になったばかりで、まだあまりお喋りもしませんがメインの遊び方である絵合わせはびっくりするくらい出来ていました。
「ぶたさんどーれ?」と聞くとカードを2枚拾って絵を合わせようとしていました。
絵を合わせるだけでなく完成したカードのイラストをみてこれはなんていう動物?と質問したりして遊ぶと言葉の発達にとても役立つし、親子でコミュニケーションをとりながら遊べるってとても大切ですよね!

 

コメント

  1. […] 我が家もダイソーのものではありませんが、絵合わせカードを購入しました♪ https://kosodate-mom.net/archives/342 […]