赤ちゃんの歯磨きでうがいができないときの対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕上げ磨き その他

赤ちゃんは自分で上手にうがいをすることができませんよね。
歯磨きをした後うがいをしなくていいの?と疑問でした。
結論から言うと、うがいは無理にしなくても大丈夫!
うがいができないけれどしっかり磨きたいときにオススメなのが、
うがいが必要ないジェルやスプレーです。

赤ちゃんの歯磨きでうがいは必要?
赤ちゃんのうちは何もつけない歯ブラシで磨く場合、無理にうがいをする必要はありません。
磨いた後にお水を飲ませてあげるといいですね。

うがい不要な歯磨きグッズ

 icon-check 歯磨きジェル

虫歯の予防や進行をおさえるジェル状の歯磨き。
歯を強化してくれるフッ素と、食品に使われる成分でできているので飲み込んでも安心できますね。

歯磨きジェルのメリット
・ほんのりいちご味・ほんのりぶどう味・優しいキシリトール味があるので
・赤ちゃんが歯磨きを好きになってくれる・・・かも!
・フッ素入りで同時に虫歯予防もできる!
・キシリトール配合で虫歯の原因を作らせない!

歯磨きジェルのデメリット
・歯磨きの後にガーゼ等で拭うことをすすめている商品も多い

  スプレータイプ

歯磨きの後にシュッとするだけのなのでとっても簡単
虫歯の原因にならない甘味料で味がついているので、歯磨きが嫌いな子も口を開けてくれます
歯磨き後のご褒美としても使えますね。

スプレータイプのメリット
・歯磨きの後にスプレーするだけなので簡単
・拭き取りもうがいもいらないスプレータイプのデメリット
・シュッとスプレーするだけなので汚れは落ちない。
・歯磨きと併用

  フッ素スプレー

歯ブラシにつけて磨くだけでフッ素コートができちゃうグッズです。
口臭予防などのシュッとするスプレーとは違い泡で出てきます。
ただ口にスプレーするだけの簡単なものもあります。

フッ素スプレーのメリット
・普段の歯磨きにプラスするだけで虫歯予防と歯質強化ができる
・泡タイプで細かいところにも届きやすい

フッ素スプレーのデメリット
・泡ででてくるので小さい歯ブラシにとりにくい
・ジェルなどに比べるとキシリトールの甘さなので喜んで口を開けてくれないことも

歯磨きシート

歯が生えたて、数本しか生えてないときにおすすめなのがシートタイプ
キシリトールや緑茶ポリフェノールが含まれているので歯磨き粉いらずでどこでも簡単にお手入れができます。

歯磨きシートのメリット
・指を使うのでしっかり磨きやすい
・歯磨き粉不要で安心&楽ちん
・使い捨てなので外出にも持って行きやすいし衛生的

歯磨きシートのデメリット
・単価が高い
・毎日使うとすぐ無くなる
・汚れがたまりやすい歯と歯茎の間など細かいところが磨きにくい
・歯が増えてくると噛まれて痛い

上記のほかに、歯磨き後の口内ケアに子供も喜ぶタブレットがあります。
虫歯予防をしながら歯磨き後のご褒美としても大活躍しますよ!
口内ケアタブレットを購入した感想をまとめてみました。

コメント