赤ちゃんの日焼け止めはグアムで必要?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おでかけ

GW(ゴールデンウィーク)や夏休み、赤ちゃん連れでグアムに行く方も多いのでは?

日本から1番近いアメリカであるグアム。
移動時間も短く、日本人観光客が多い、言葉もある程度通じる、
日系のホテルもあるので赤ちゃんを連れ行くには安心感がありますよね。

常夏の国に赤ちゃんを連れて行くときに気になるのが日焼けです。
日焼け止めって塗った方がいいの?絶対持っていくべきグッズは?
紫外線を防ぐために持っていくべきグッズをまとめてみました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

赤ちゃんに日焼け止めはグアムで必要?


赤ちゃんに日焼け止めを塗ることに抵抗感のある方も多いのではないでしょうか。
グアムは年間を通して日差し、紫外線が強いので日焼け止めでの対策は必要ですし、
とっても大切です。

赤ちゃんと海やプールで遊ぶことが目的の方も多いですよね。

赤ちゃんの肌は大人の半分ほどの薄さだと言われていますので、
大人以上に影響を受けやすいのです。
赤ちゃん用の日焼け止めも色々な種類が売られているので必ず持っていくようにしましょう。

ラッシュガードでグアムの紫外線から体を守ろう!


赤ちゃんと海やプールで遊ぶ際にはラッシュガードを着せましょう。
やはり紫外線対策で有効なのは紫外線を通さないこと。
いくら日焼け止めを塗っても遊んでいると落ちてきてしまいます。

我が家の息子も半袖ハーフパンツの水着しか持っていませんでしたが、
もうサイズも小さいことと、肌が白いので火傷みたいになってしまうのではと心配で購入しました。
ラッシュガードの利点は紫外線対策だけではありません。

露出を減らすことで怪我を防げる

プールならまだいいのですが、問題は海です。
海には何が落ちているか、どんな生物がいるか分かりません。
できるだけ露出を防いであげることで肌への刺激や怪我を防げます。

体温調節に役立つ

海に入ったり砂浜で遊んだり、体温があがったり下がったりしますよね。
ラッシュガードで保温してあげることで急激な体温変化を防げます。

赤ちゃんの帽子は日避け付きが絶対おすすめ!

赤ちゃん用の帽子も可愛いのがたくさん売られていますよね♡

ベビーカーに乗っていることがほとんどだからと油断は禁物!
帽子は必ず被せるようにしましょう。

日差しの強い観光地へ行くなら日避けがついた帽子がオススメです。
保育園の子たちが被っている後ろに首を覆う部分がひらひら付いているアレです。

小さい子だと髪もまだ短かったり、結んでいたりで首って露出していることが多いですよね。
顔や頭からの汗で日焼け止めが流れ落ちやすい部分でもあるし、
首への直射日光を防ぐためにも日避け付きのものを被せてあげるといいと思います。

水に濡れても平気な日避け付き帽子もあるので、
帽子の水没や汚れを気にせず遊べのが嬉しい
ですね。

まとめ

グアム旅行へ行く際には、赤ちゃんの日焼け&紫外線予防はしっかり対策していきましょう!

もちろん、現地でも購入可能です。
ただ旅行先では何かとバタバタするのであらかじめ用意しておいて、
着いたらすぐに使える状態にしておきたいですね。

そしてグッズの紹介ではないので省きましたが、何より水分補給は頻繁に!!
我が家も赤ちゃん用の水、麦茶、ジュースは多めに用意しました!
行きは荷物が重くなりますが帰りには無くなるもの。
行きだけ我慢して必要最低限の水分は日本から持っていった方が安心です。

できる範囲での日焼け、紫外線対策はしっかりして肌や体調のトラブルなく
楽しい旅行の思い出を作りたいですよね!

 

 

コメント